バリアフリー現地調査2019 揖斐川3

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト2019 現地調査 揖斐川3

令和元年10月11日

月夜谷ふれあいの里

揖斐高原貝月リゾート

を調査させていただきました。

月夜谷ふれあいの里

月夜谷ふれあいの里へ
月夜谷ふれあいの里への案内表示

木曽三川の一つ「揖斐川」の上流、揖斐川町久瀬(旧久瀬村)にある月夜谷ふれあいの里へは、揖斐川に沿って国道303号線を北上し、久瀬振興事務所前の信号を右折、小津川に沿って進み「月夜谷ふれあいの里」の案内板したがって進むと到着です。

月夜谷ふれあいの里・センターハウスへ
月夜谷ふれあいの里・センターハウスへ

駐車場は舗装されセンターハウスまでは段差が無く車いすでも問題ありません。センターハウスの建物は、塔があり周りの山々と調和してよい雰囲気です。

緩やかな、踊り場のあるスロープ
緩やかで折返しのあるセンターハウスのスロープ

センターハウスの入口には階段がありますが、横にはスロープがあり、車いすでも問題ありません。

センターハウスの内部
センターハウスの内部

建物内の通路の幅は広く、車いすマークのトイレもあります。
総合受付もあり、車いすの貸し出しや各種申込み、食材・お土産などの販売も行っています。

バーベキューサイト
バーベキューサイト

屋根付き、コンクリート敷のバーベキューサイトがあります。車いすでもバーベキューを楽しむことが出来そうです。
バーベキューの食材は持ち込みの他、購入することも出来ます。

魚釣り場
魚釣り場

横を流れる小津川の水を取り汲んだ釣り場があり、魚釣りが体験出来ます。

コテージ
コテージ

第二駐車場の坂道を上がったところに、バス、トイレ、キッチンが完備されたコテージが6棟あります。
コテージの横にはバーベキューサイトもあります。

揖斐高原貝月リゾート

次に小津川沿いに戻り国道303号線に出て少し北上し、西美濃もみじ街道(県道40号線)を日坂川に沿って進むと、揖斐高原貝月リゾートに着きます。

揖斐高原貝月ゲレンデ
揖斐高原貝月ゲレンデ

ここはウィンターシーズンになると「揖斐高原スキー場」として営業しています。
最近2,3年は雪が少なめでゲレンデは1コースのみだそうです。

グリーンシーズンにはキャンプ、バーベキュー、テニス、魚のつかみ取り、パラグライダーも行われ、毎年秋には、地元銀行主催の育樹イベント「OKB森林共和国 秋祭り」が開催され、ゲレンデではキッズ向けに芝ソリすべりも行われているそうです。

揖斐高原貝月リゾート・栃の実荘
揖斐高原貝月リゾート・栃の実荘

メインの建物「栃の実荘」の正面入口には階段がありますが、右側はスロープもあります。
1階には総合案内があり、リフト券の販売、レンタルスキーの貸し出しなどを行っています。車いすマークのトイレもあります。
建物左側には、直接ゲレンデから2階の大食堂に通じる入口がありますが、3段ほどの階段があります。
3階は、泊まりのスキー客のための宿泊施設になっていますが、エレベーターは無く階段のみです。

洋室
洋室(定員4名)

洋室が6部屋、和室(定員4名)が2部屋あります。

広い共同浴場
広い共同浴場
広い洗面所
広い洗面所
バーベキューサイト
バーベキューサイト

栃の実荘の裏には、屋根のある広いバーベキューサイトがあります。

今回は揖斐川の上流部の自然豊かな場所にある2つの施設に伺いました。
月夜谷ふれあいの里は、山々に囲まれ、側を小津川が流れコテージやバーベキューサイトで自然を満喫でき、センターハウスはバリアを解消し使いやすく、車いすでもバーベキューが十分楽しめるように配慮されていました。
揖斐高原貝月リゾートは、最近は積雪が少なくウィンターシーズンの営業はあまりできていないそうですが、グリーンシーズンには、コテージやバンガロー、テントのキャンプ、栃の実荘の側にバーベキューサイトもあり賑わっています。

協力有難うございました。

今回の調査データは、取りまとめなどを行ない順次ふらっと旅ぎふへ掲載していきます。

 

バリアフリー現地調査2019 揖斐川・池田

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト2019 現地調査 揖斐川・池田

令和元年10月8日

揖斐川町観光プラザ

大津谷公園キャンプ場

霞間ヶ渓公園

を調査させていただきました。

揖斐川町観光プラザ

揖斐川町全域の観光案内所となっており、谷汲山華厳寺への参道を真っ直ぐ進んだ町営谷汲門前駐車場の北出入口の左手にあります。

谷汲山華厳寺への参道
谷汲山華厳寺への参道

春は桜、秋は紅葉が楽しめます。

揖斐川町観光プラザの全景
揖斐川町観光プラザ外観

出入口は、東側(正面)と北側にあります。
北側は自動ドアです。

揖斐川町観光プラザ東側(正面)

レトロな円筒状の丸型ポストが設置され、顔出しパネルが置かれています。
サイクルスタンドもあり「CYCLE AID STATION」になっています。

車いすマークの公衆トイレ
車いすマークのトイレ

観光プラザの北側には、9月に改修されたばかりの車いすマークの公衆トイレがあります。

休憩・観光案内スペース
休憩・観光案内スペース

観光案内パンフレットが整えられ、総合案内では車いす以外にも、杖や置き傘の貸し出しもしています。

大津谷公園キャンプ場

揖斐川町谷汲から隣の池田町へ移動。
生憎の雨模様でしたが、大津谷公園キャンプ場へ行ってきました。
池田山山麓から流れる杭瀬川を整備し、キャンプ場やバーベキューテラス、車イスマークのトイレや炊事場があるキャンプ場が作られています。

大津谷公園キャンプ場
上流からみたキャンプ場

中央を杭瀬川が流れ、両側にキャンプ場(テントサイト)やバーベキューテラスがあります。

木立の中のキャンプ場
木立の中に広がるキャンプ場

細かい砂利で整地された、木立の中にキャンプ場が広がっています。グリーンシーズンには、とても人気のある場所です。

バーベキューガーデン
バーベキューガーデン(3棟3卓)

8名分のイスが備わり屋根がついたバーベキュー棟が3箇所あります。
テラスまでコンクリートの通路が作られ車いすでも問題ありません。

大きなバーベキューガーデン
広めの木造のバーベキュー棟

6名分のイスが備わったバーベキューテーブルが4卓ある、大きなバーベキュー棟もあります。

車イスマークの公衆トイレ
車いすでも利用できるトイレ

バーベキューテラスとトイレもコンクリートの通路でつながっているので、車いすも問題ありません。

霞間ヶ渓(かまがたに)公園

大津谷公園キャンプ場から、池田ふれあい街道を車で10分ほど進むと、霞間ヶ渓公園があります。
ここは春の訪れと共に、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど、約8種類3000本もの桜が一斉に咲き誇る名所となっています。

展望台からの景色
霞渓寺(かけいじ)前の展望台

展望台からは、遠く広がる濃尾平野が見渡せます。

山の斜面一面の桜の木々
斜面一面に植えられた桜の木々

地盤がゆるく災害の多かった「鎌ケ谷」に、土砂崩れ防止のため植えられた桜が次第に繁殖し、桜のシーズンになると遠くからは霞がかかったように見えることから「霞間ヶ渓」と呼ばれるようになったそうです。

車いすマークの公衆トイレ
車いすマークの公衆トイレ

展望台の側に、車いすも利用できるトイレがあります。
大津谷公園キャンプ場にあるトイレと同じ設備で、広く使いやすいトイレです。

霞間ヶ渓公園の大駐車場
霞間ヶ渓公園の大駐車場

駐車場は展望台から降りた下の段にあります。
駐車場からは、山の裾野に広がる桜の木々や茶畑など霞間ヶ渓公園を見渡すことが出来ます。

キャンプ場には、車いすでもバーベキューを楽しむことができるテラスがあります。
コンクリートの通路や車イスマークのトイレなど使いやすくなっています。

訪問した日は残念ながら生憎の雨で、季節も秋でしたが、4月上旬には桜が満開になり沢山の人で賑わうとの事、霞間ヶ渓が桜色に染まる春に是非訪れてみたいと思います。

ご協力有難うございました。

今回の調査データは、取りまとめなどを行ない順次ふらっと旅ぎふへ掲載していきます。

バリアフリー現地調査2019 揖斐川

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト2019 現地調査 揖斐川

令和元年10月10日

運上館

春日 森の文化博物館

を調査させていただきました。

運上館

運上館は、揖斐川町房島の揖斐川にかかる井ノ口橋の上流にあり、「運上梁(うんじょうやな)」として数百年以上引き継がれた歴史あるお店です。

運上館の全景
運上館の全景

駐車場は建物横の道を下った所にあります。
建物は、鮎を焼く美味しい匂いの漂う焼き場(調理場)と平屋の大きなお店(客室)が繋がっています。

運上館 玄関入り口
運上館 玄関入り口

玄関までコンクリートで舗装され段差はありません。

移動式のスロープ
移動式の幅の広いスロープ

玄関の引き戸を開け中へ入ると1段の段差がありますが、スロープがあり、車いすやベビーカーも問題ありません。

テーブル席
車いすで利用できるテーブル席

店内はとても明るく、床はフローリングで、ちょうど良い高さのテーブル席もたくさんあります。

喫煙室
喫煙室

店内は禁煙となっていますが、喫煙されるお客さんのために喫煙室が作られています。

フリードリンクコーナー
フリードリンクコーナー

セルフサービスですが、食事の後にコーヒーなどが飲めるコーナーもあります。

用水を取り組んだ生け簀
用水を取り込んだ生け簀

駐車場に通じる道を下ると、左側に豊富な水を取り込んだ生け簀があります。

こだわりの鮎料理
こだわりの鮎料理

鮎の焼き物は、下の生け簀で直前まで生きていた鮎を竹串に刺し、炭火でゆっくりと焼くそうです。

春日 森の文化博物館

岐阜県南西部滋賀県境の揖斐川町春日地区(旧春日村)の自然に包まれた山間は、春の桜や秋の紅葉など四季折々の草花の彩りの移り変わりを楽しむ事が出来ます。
森の中で生活してきた集落の歴史を記した写真、炭焼きや薬草の種類・作り方など昔の生活がつぶさに分かる展示など、春日の人々が守ってきた森の文化を体感できる博物館でとなっています。

森の文化博物館の全景
博物館入口

山奥の静寂な森の中に、コンクリート造りでドーム型の建物があります。
入口への通路は枕木が並べられています。

揖斐の風景のパネル写真
揖斐の風景のパネル展

建物に入ると壁一面に、揖斐の自然豊かな風景の写真が展示されていました。

春日の太鼓踊り
春日の太鼓踊り

岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている「春日の太鼓踊り」は、部落の神社・寺院に、五穀豊穣を祈り奉納するもので、鎌倉時代、平家を滅ぼした源氏が戦勝を祝って踊ったのがはじまりと言われています。

春日の薬草
春日の薬草

春日地区は、古くから薬草の宝庫とされ、とくに古屋という部落では昔から暮らしに薬草を取り入れていたそうです。

炭焼小屋の再現
炭焼小屋の再現
炭焼小屋の内部
炭焼小屋内部も再現され中まで見られます

藁葺(わらぶき)の炭焼小屋が再現され、炭焼を生業とした当時の生活に触れることが出来ます。

静かな憩の森
静かな憩の森

周辺には、キャンプ場や染め物体験場などがあり、丸太で作った椅子やベンチなどが置かれた広場もあり身近に森を感じることが出来ます。

私が生まれ育ち今も生活している揖斐川町ですが、バリアフリーに配慮し美味しい鮎が食べられるヤナがこんなに近くにあること、また春日には立派な「森の文化博物館」があり、周辺にあるキャンプ場とともに「長者の里」として賑わっていることを今回初めて知りました。
揖斐川町はとても広く、まだまだ訪れたことのない所ばかりです。

取材への協力有難うございました。

今回の調査データは、取りまとめなどを行ない順次ふらっと旅ぎふへ掲載していきます。

バリアフリー現地調査2019 岐阜市2

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト2018 現地調査 岐阜市

平成31年3月5日

ホテルパーク

鵜飼観覧船造船所

を調査させていただきました。

ホテルパーク

金華山とホテルパーク
金華山を背景にしたホテルパーク

岐阜市の長良川河畔に佇む、老舗旅館「ホテルパーク」を見学させていただきました。
金華山の麓に建ち、春は長良川堤・護国神社の桜、夏は長良川鵜飼の総がらみを目の前で眺めることが出来る立地です。
露天風呂からも、金華山頂の岐阜城、長良川の景色を一望でき、四季の移り変わりを感じ取ることが出来ます。

ホテルパークへの出入り口
エントランス・地下駐車場へ

道路から入口へは斜面になっていますが、玄関前はフラットで屋根があり、雨でも濡れずに車から乗降できます。

車いすマークの駐車場
屋根付きの車いすマークの駐車場

玄関を通過すると、車いすマークの駐車場と左側に一般駐車場もあります。

玄関横のスロープ
入口には階段、横にスロープ
広い玄関ホール
玄関ホール

自動ドアから館内に入ると、右側にフロント、正面にエレベーターと階段、左側にロビーがあります。

貸し出し用の杖
貸出用の杖
テラス側の長良川の風景
ロビーから見える長良川

ロビーはガラス張りになっていて、長良川の風景が一望できます。

お土産物コーナー
ロビーの売店

売店では、信長に関係するグッズや、岐阜のお土産など色々なものが揃っています。

川端康成の常設展示パネル
川端康成のパネル

大正時代に、川端康成がホテルパークを訪れ初恋の物語「篝火」や「非常」「南方の火」を書いたそうです。
近くの公園「ポケットパーク名水」では、若い日の川端康成と初恋の人の篝火の像が、長良川鵜飼の篝火を眺めています。

ホテルパークの歴史の常設展示パネル
ホテルパークの歴史
喫煙コーナー
喫煙コーナー
ダイニング「つぶらじい」
1階にある朝食会場「つぶらじい」

東側と南側がガラス張りになっていて開放的な朝食会場です。

パーティー会場
長良川と公園に面したパーティー会場
車いすマークの点字
4階にある車いすマークの看板には点字表示
車いすマークの多機能トイレの中
車いすマークのトイレの内部

4階のパブリックスペースに設けられた車いすマークのトイレは広く、ベビーベッドも設けられ利用しやすくなっています。

77室ある客室は、和室、 和洋室、洋室など様々なタイプがあり、今回は車いすで利用しやすそうな客室を見学させていただきました。

仮設スロープ
室内の段差をスロープで解消

和洋室で2ベットの部屋は、室内に段差がありますが、特製のスロープを設置して車いすも入室でき、ベッドは畳の部屋の奥にありますが、畳の上に敷物を敷いて車いすのまま上がるようにも対応できるそうです。

洗面台・トイレ・浴室への出入り口
洗面・トイレ・浴室への入口
洗面台
洗面台は車いすでも膝があたりませんでした
広々とした明るい和室
長良川に面した畳の部屋
ベッドルーム
畳の部屋の奥にカーペット敷きでベッドがあります(高さは40cm)

 

客室からの長良川の風景
客室からの長良川の風景
ソファーベッドがある和室
ベッドとして使用できるソファーが置かれた和室
ツインルームの洋室
金華山が見える洋室ツインルーム

洋室は2階、3階、5階にもあり、全部で8室あります。
車いすで回転できる広さもあり、ベッドの高さは43cmでした。

6階に、長良川に面した展望風呂と露天風呂「川の湯」、金華山に面した展望風呂と露天風呂「山の湯」があります。

広い脱衣場
椅子やシャワーキャリーも常備
展望風呂「川の湯」
長良川に面した展望風呂「川の湯」
露天風呂「川の湯」
長良川に面した露天風呂「川の湯」

鵜飼観覧船造船所

鵜飼観覧船造船所の正面出入口
鵜飼観覧船造船所入口

ホテルパークの裏側(南)に、隣接して鵜飼観覧船造船所があります。
岐阜市が管理運営する長良川鵜飼のための鵜舟や観覧船を作っていて、全国で唯一の公営の造船所だそうです。
敷地内では実際に船が作られていますが、日中は開放され自由に見学ができるようになっており、説明パネル等も設置されています。

実際に使用していた鵜船
鵜船
船底を修理作業中の鵜船
船底を修理中の鵜船
新しく造船中の鵜飼観覧船
新しく造船中の鵜飼観覧船

定員15名乗の観覧船が作られていました。
船材は、岐阜県産の高野槇(コウヤマキ)を使用しています。
船には設計図面が無い為、船大工の経験による匠の技により建造され、その技術は、市指定無形民俗文化財となっています。

調査を終えて

今回伺った、ホテルパークは老舗旅館で、長良川の畔、金華山の麓、岐阜城も見える場所にあります。
客室は、ベッドのある和洋室、洋室、ソファベッドの和室など、車いすでも利用しやすい色々なタイプの客室がありました。
室内の段差には特製のスロープが用意され、畳の奥のベッドへは敷物を敷いて車いすのまま上がれるようにするなど、ハード面の難しさも工夫して対応されている心配りが嬉しく感じました。
桜の時期や、夏の鵜飼の季節などに訪れ、ゆったりと過ごしたい居心地の良い宿でした。

調査へ協力して下さった皆さま、お忙しい中有難うございました。

今回の調査データは、取りまとめなどを行ない順次ふらっと旅ぎふへ掲載していきます。

バリアフリー現地調査2019 岐阜市1

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト2018 現地調査 岐阜市

平成31年2月26日

十八楼

調査させていただきました。

十八楼

長良川河畔に佇む十八楼
長良川河畔に佇む十八楼

岐阜市の長良川河畔にある、老舗旅館の「十八楼」を見学させていただきました。
奥の細道の俳人、松尾芭蕉により、この水楼から眺める景色の美しさや、 鵜飼を眺める風情に心を惹かれ「十八楼」と名付けられたそうです。

十八楼と時季の蔵
長良川河畔の古い町並みを残す川原町にある「十八楼」

十八楼は、川原町の古い町並みの一角にあり、道を挟んだ向かいにレストラン「時季の蔵(ときのくら)」と、駐車場があります。

長良川温泉の手湯
玄関脇にある長良川温泉の「手湯」

エントランス・ロビー

玄関入り口
幅広い自動ドアの玄関

入口の緩やかなスロープの左手にフロントがあり、奥にはロビーへの階段がありますが、右手にスロープがあり車いすやベビーカーも通れる手すりのついた通路もあります。

貸し出し用の車いす
車いすを常備
広く明るいロビー
長良川に面してガラス張りで明るいロビー

ロビーはガラス越しに長良川河畔の景色が一望でき、松尾芭蕉の句碑もあります。
車いすでも膝が当たらない高さのテーブルもあります。

パブリックスペース

腰掛けられる待ちスペース
エレベーター前の休憩スペース

館内にはエレベーターが4基あり、車いすが乗れる十分な広さがあります。

車いすマークの多機能トイレ
車いすマークのトイレ

3階に車いすマークの多機能トイレがあります。間口も広く車いすが回転できる十分な広さがあり、ベビーベッドも備えています。

タイル敷きの通路
車いすも通行しやすい通路

施設内の通路は、中央部分がタイル敷で平坦になっていて、車いすも楽に走行できました。

名人戦の対局会場
名人戦の会場にもなりました

将棋の第75期名人戦、第4局(佐藤天彦名人・稲葉陽八段)は、ここ十八楼で行われたそうです。

食事会場など

長良川に面した宴会場
長良川に面した宴会場

テーブル席の宴会場があり、床はフローリングで広く、長良川の景色を楽しみながら食事ができるようになっています。

レストラン橘
レストラン「橘」

5階には新しく出来た、木の香りが溢れるレストランがあります。
全席テーブル席で、床はカーペットで通路も広く、テーブルは車いすでも膝が当たらず使い易くなっています。
ロールカーテンで仕切って使用することも出来るそうです。

大浴場

「川の音」大浴場1

大浴場「川の音」には、薬草風呂やシルキーバスがあります。

「川の音」大浴場2

露天風呂もあり、長良川を一望出来ます。

長良川温泉「蔵の湯」

2階には、明治時代の太い柱と梁の蔵を移築復元した「蔵の湯」の温泉があります。
長良川温泉は特徴のある赤茶色のお湯で、湯船には階段と、周りを囲うように手すりが設置されて、足腰の弱い方にも安心して利用できるよう配慮されています。

客室

和室ベッドの客室
露天風呂付きの和室/ベッド(ツイン)

露天風呂付きの和室/ベッド(ツイン)の客室は、畳敷きの和室にベッドが二つ置かれています。
高齢の方など、普段からベッドを使用している方にも配慮し、トイレ、浴室、洗面台は、広めで使いやすくなっています。

露天風呂
長良川を一望できる露天風呂

 

洋室(ツイン)

洋室(ツイン)は、長良川に面したとても眺めの良い部屋です。
フローリングにベッドが二つあり、室内の通路も広く使い易くなっています。

土蔵レストラン「時季の蔵」

土蔵レストラン
「時季の蔵」の入口

「時季の蔵(ときのくら)」は、120年前に建てられた土蔵を持ち上げて移動させる曳家(ひきや)で復元改装した、川原町の古い町並みの景観に溶け込んだレストランです。飛騨牛などの岐阜の素材を使った料理が楽しめます。

調査を終えて

今回、調査させていただい十八楼は、江戸時代からの歴史のある老舗旅館で、和の趣を大切にしながら、様々なお客様に安心して滞在していただけるよう段差等のバリアを上手く解消し、畳の和室にベッドを入れたり、フローリングの洋室を導入したりと、高齢のお客様や歩行が困難なお客様にも対応した心配りの宿でした。

客室からの長良川の眺め
長良川の畔に建っているので、客室のほとんどが長良川に面しており、四季折々の清流の景色を楽しめます

客室からは長良川の美しい景観が眺められ、鵜飼や桜、信長の岐阜城も近く、機会があれば一度泊まってみたいなと思いました。

取材へ協力して下さった皆さま、お忙しいところ有難うございました。

今回の調査データは、取りまとめなどを行ない順次ふらっと旅ぎふへ掲載していきます。