ふらっと旅ぎふ

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館(花フェスタ記念公園)

Recommended points Highlights
おすすめポイント見どころ

大河ドラマ「麒麟がくる」のドラマシアターコーナー

大河ドラマ「麒麟がくる」のドラマシアターコーナーの写真

出演俳優の紹介やドラマのメイキング映像など本編では見られない映像が観られます。

ドラマ基本情報コーナー

登場人物紹介・出演俳優紹介・ドラマ年表・人物相関図などをパネルで紹介されています。
細かく人物像も書かれていて好きな人は時間を忘れて読んでしまいます。

デジタル体験コーナー

デジタル体験コーナーの写真

カメラのモニタを見ながら自分の顔を合わせると、合成されて甲冑や着物の姿になって映し出されます。
通常の紙でできた「顔出しパネル」だと、車いすの場合は高さや奥行きで顔を出すのは困難ですが、この「なれルンです」は大丈夫です。

「麒麟がくる」の明智荘コーナー

「麒麟がくる」の明智荘コーナーの写真

可児市の大河ドラマ館周辺一帯にあったとされる光秀の故郷「明智の荘」。
撮影スタジオのセットのジオラマや、パノラマVRでセットの中に居るような迫力ある映像を観られます。
ドラマの風景ジオラマも分かりやすくなっています。

エンディングコーナー

出演俳優などのサインが展示されています。
ドラマが進むと展示も少しずつ情報が増えていくそうです。

光秀ゾーン

光秀ゾーンの写真

大河ドラマ館の隣にある光秀ゾーン。
明智光秀の生涯、誕生から「本能寺の変」を経て山崎の戦いで討たれるまでの歴史的事象や関連する人物の紹介、可児市内の光秀ゆかりの地などをパネルや映像で紹介しています。

VRチャンパラアトラクション(光秀ゾーン)

VRチャンパラアトラクション(光秀ゾーン)の写真

大河ドラマの様な熱い戦いをVRでゴーグルをつけて戦う体験できます。
(土日限定)

ショップ

ショップの写真

大河ドラマや明智光秀にちなんだグッズ、可児市の特産品を使ったお土産が販売されています。ここでしか買えない商品も多く販売されています。

花のミュージアム2階のレストラン

花のミュージアム2階のレストランの写真

丼物やパスタなど食事ができます、飛騨牛が入った「華麗なる裏切りカレー」明智光秀コラボメニューもあります。

戦マルシェゾーン

戦マルシェゾーンの写真

飲食コーナーで戦国時代をイメージしたグルメがいろいろ販売されています。

Where you need attention
注意が必要な場所など

大河ドラマ館内は来館者用エレベーターが無くスロープ(傾斜約4.8度)のみとなります。
車いすの場合は少し力がいるのでサポートがあると良いでしょう。
花フェスタ記念公園と大河ドラマ館の入館料は別になっています。

Investigator's comment
調査員のコメント

駐車場からすべてのエリアが段差なく見られます。
大河ドラマ館はVRを使用したチャンバラアトラクションや撮影セットをリアルにみられる物などがあり、映像とパネル説明で紹介され楽しむことができます。
大河ドラマや明智光秀関連のグッズなどもたくさん販売されています。
土日は人が多いそうですのでゆっくり見たい方は平日をお勧めします。

大河ドラマ館は花フェスタ記念公園内にあります。駐車しやすいです。駐車場からドラマ館までは段差は無く車いすやベビーカーでもスムーズに観覧できます。
館内は通路も広く展示物も見やすくなっていて、混雑する時には入り口で人数を制限し、ゆっくりと見ていただける様にしているそうです。車いすやベビーカーでもゆっくり見て楽しめます。おすすめは平日です。

大河ドラマ館は、文字情報も多く好きな人は1時間以上居ることもあるそうです。
体験ゾーンもあるので見るだけでなく遊んだりして楽しめます、VRを使った機器は体験する価値あり。
ドラマが進むにつれて、前回の情報がまとめられる場所があるので、数か月毎に来ても違った展示になっているそうです。
花フェスタ記念公園は花のテーマパークなので暖かい時期には花も一緒に見に行くのも良いと思います。

スポット概要を開く

中濃・可児市

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 ぎふ可児 大河ドラマ館。花フェスタ記念公園で開催中!

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館(花フェスタ記念公園)

岐阜県可児市で生まれたと伝えられる明智光秀。謀反人のイメージが強い光秀ですが、実は武将として類稀なる才覚の持ち主であったことが近年の研究成果から明らかになっています。大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である光秀と、彼とともに戦国の世を駆け抜けた名だたる戦国武将たちを、ドラマの名場面と合わせてご紹介いたします。(期間限定2021年1月11日まで)

基本情報・バリアフリー情報

基本情報

名称
麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館(花フェスタ記念公園)
フリガナ
きりんがくるぎふかにたいがどらまかん
住所
509-0213 可児市瀬田1584-1
電話
0574-62-1111
営業時間
9:00-17:00
休業日
年中無休
※期間限定で開催 2021年1月11日まで
交通機関
JR 名鉄 JR可児駅  新可児
※新可児、JR可児駅からは有料のシャトルバス
入場料金
有料
大人 500円
※小中高生200円 一般団体400円 小中高生団体160円
障がい者
割引・減免
本人 無料
付添 1人 無料
※証明書類:手帳
web
https://akechimitsuhide.com/
バリアフリー項目
  • 一般駐車場
  • 車いすマークの駐車場
  • 段差なし
  • スロープ
  • 洋式トイレ
  • 車いすマークのトイレ
  • オストメイト
  • 多目的トイレ
  • 点字ブロック
  • 総合案内
  • 車いす貸出
  • 補助犬受入可能

バリアフリー情報

駐車場

一般駐車場
1000台
車いすマークの駐車場
61台
妊婦・乳幼児連れ用の駐車場
9台
標識による駐車場の案内がある
駐車料金
無料
駐車場から施設出入口まで、円滑に移動できる

出入口

段差
5
スロープ
約1m
有効幅80cm以上

トイレ

利用者向けのトイレ
洋式トイレ
車いすマークのトイレ
オストメイト対応トイレ
多目的トイレ
呼び出しボタン
手すり
ベッド
車いす対応手洗い
ベビーチェア
入口有効幅
ドア形状 引き戸
ドア形状 その他
手かざしで自動開閉
広さ(車いす回転可能)
室内照明
自動
トイレまでの通路 有効幅80cm以上

昇降設備

階段
階段の手すり

誘導案内

点字誘導ブロック

その他

総合案内
車いす貸出
補助犬受入可能(盲導犬・聴導犬・介助犬)

障がい等に配慮した展示・ガイドなど

映像への日本語字幕表示
展示物の音声での説明(イヤホンガイド・オーディオガイド・放送・口頭など)
外国語での説明表示
外国語での説明表示 英語

人的対応

筆談による対応
視覚障がい者の移動支援(手引き)
車いす使用者の移動支援
旅スポ情報へ