ふらっと旅ぎふ

バリアフリー観光モデルコース 2 飛騨

◯コース概要

旧神岡鉄道の鉄路のレールマウンテンバイクで自然の風を体感し、ロープウェイで2156mから迫力ある北アルプスを望む

◯行程

飛騨市神岡町 ⇒ 高山市奥飛騨温泉郷

◯モデルプラン

スタート  [東海北陸自動車道 飛騨清見インター] 
50km 1時間
9:00    滞在2時間

レールマウンテンバイク Gattan Go!!(ガッタンゴー)

レールマウンテンバイク Gattan Go!!(ガッタンゴー)の風景

2006年に廃線となった旧神岡鉄道の線路の上をマウンテンバイクで走行する乗り物「レールマウンテンバイク」です。「ガッタン、ゴットン」というレールの継ぎ目の音と振動を感じながら、トンネルや橋梁のある大自然の中を心地よい風を受け疾走します。車いす付きや、観覧シート付き、トロッコなど色々なタイプの車両があり、家族やグループなどでも楽しめるアクティビティです。

スポット詳細 ≫

12:00 [国道471号線] 
30km 40分
13:00 新穂高ロープウェイ 新穂高温泉駅   滞在3時間

新穂高ロープウェイ

新穂高ロープウェイ

奥飛騨温泉郷・新穂高温泉の最奥にあり、標高1117mの麓の新穂高温泉駅と2156mの山頂の西穂高口駅を2つのロープウェイで結んでいます。(山頂駅まで乗り継ぎ含め25分)第2ロープウェイは、日本で唯一の2階建てゴンドラが特徴です。
山頂展望台からは、槍ヶ岳や西穂高岳など3000m級の山々が並ぶ雄大な北アルプスを360度の大パノラマで一望できます。各駅では、ショップやお食事処、温泉、足湯、ビジターセンターもあり、ゆっくりと楽しむことが出来ます。
1年を通じて営業しており、残雪と新緑、夏山、紅葉、雪山と季節ごとの景色が見られます。

スポット詳細 ≫

◯バリアフリーおすすめポイント

  • レールマウンテンバイクガッタンゴーでは、車いす専用「おくひだ2号 車いす特等席車両」があり、専用車いすに乗り換えて乗車することが出来ます。他にも観覧シート車両、トロッコ車両などもあり自分でマウンテンバイクを漕ぐのが難しい場合でも乗車できます。
  • 新穂高ロープウェイは、車いすのままゴンドラへ乗ることが出来ます。第一ロープウェイ麓の新穂高温泉駅では、エレベーターと階段昇降機が設置されています。階段昇降機の使用が難しい場合は人的対応で乗ることが出来ます。鍋平高原の第1ロープウェイから第2ロープウェイのしらかば平駅までの乗り換えも段差がないので車いすでも問題ありません。

◯お役立ち情報

  • レールマウンテンバイクガッタンゴーの駅舎そばには、自家焙煎の喫茶店やたこ焼き、フランクフルトなどの軽食を食べられる茶屋もあります。
  • レールマウンテンバイクガッタンゴーの近くの国道471号線沿いには、道の駅「宙ドーム・神岡」があり、東大宇宙観測のニュートリノ見学特設コーナーでは日本で唯一のスーパーカミオカンデの体験ができます。また、喫茶軽食、レストランでは、奥飛騨の素材を生かしたメニューや飛騨牛串焼き、みだらしだんごなどの軽食もあります。ショップでは、朴葉みそ、飛騨ラーメン、漬物や工芸品、カミオカンデグッズなどのお土産も販売されています。
  • レールマウンテンバイクガッタンゴーから新穂高ロープウェイへ向かう途中の国道471号線沿いに、道の駅「奥飛騨温泉郷 上宝」があります。物産館では地元の本わさび、漬物、朴葉みそなどのお土産を販売しています。食堂では地元ならではの岩魚料理や飛騨牛料理があります。
  • 新穂高ロープウェイの新穂高温泉駅、しらかば平駅、西穂高口には、お食事処やショップがあります。
  • 新穂高ロープウェイの料金は、手帳の提示で障害者割引があります。

◯お出かけ前のチェックポイント

注意が必要な事
レールマウンテンバイクガッタンゴーの営業は、4月~11月までです
レールマウンテンバイクガッタンゴーは雨でも運行しますが、カッパが必要です
新穂高ロープウェイの鍋平高原まで車で行くことが出来ますが、冬季は駐車場が閉鎖しています
新穂高ロープウェイの山頂は標高2000m以上あるため服装に注意してください。夏でも長袖がおすすめです
車いすトイレ情報
レールマウンテンバイクガッタンゴー
新穂高ロープウェイ 新穂高温泉駅
新穂高ロープウェイ しらかば平駅
新穂高ロープウェイ 西穂高口駅
車いすマーク駐車場情報
新穂高ロープウェイ 新穂高温泉駅
新穂高ロープウェイ 鍋平高原
レールマウンテンバイクガッタンゴー(車いすマークはありませんが駐車場はあります)